« フィギュアスケートファンのトリノ五輪 | トップページ | 男子シングル予選(世界ジュニア選手権) »

2006年2月14日 (火)

トリノ五輪・ペア終了!!

朝から感動的な場面ばかりでかなりキテいます…。

一番衝撃的だったのは、もちろん最終滑走の張・張組のアクシデント。

直前のトトマリ組が「水が流れるような(by刈屋アナウンサー)」演技で金メダルをほぼ確実にしたあと、張・張組がどこまで迫れるのか、といった期待の中、果敢に挑戦したスロー4回転(サルコウ?)でDanちゃんが転倒、その転び方に「あっ!」と思ったら、やはり負傷してしまっていました。

ああ、もうこれで滑れない、かわいそう、と思ったのですが、なんと演技を再開、とうとう最後まで滑りきりました。

Haoくんがいたわるように、でもしっかりとエレメンツをこなして、Danちゃんとともに滑り終わった時は、結果はどうあれ、またひとつ、語り継がれる伝説になったと思いましたが、さらにそこには、がんばったご褒美としての銀メダルが!!

そして、雪組(SHEN Xue / ZHAO Hongbo)の、故障はあっても円熟の演技が評価されて、第4グループでの滑走にもかかわらず、順位が残り、銅メダルだったことも嬉しかった。

ただ、パントン組(PANG Qing / TONG Jian)が今季一番の会心の演技と見えたのに、思ったほど点数が出ていなかったのが残念。私はこのところ「オペラ座の怪人」に弱いのか?

いや、佐藤有香さんも褒めていたはず。

怜奈ちゃん組は、今回はスロートリプルアクセルは成功せず、順位は下がってしまいましたが、よくがんばったと思います。

それにしても、メダル・セレモニー見せてくれないんだなー(-_-;)

リザルトはこちら

|

« フィギュアスケートファンのトリノ五輪 | トップページ | 男子シングル予選(世界ジュニア選手権) »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フィギュアスケートファンのトリノ五輪 | トップページ | 男子シングル予選(世界ジュニア選手権) »