« Sports@nifty:フィギュアスケート特集 青嶋さんの記事 | トップページ | 世界ジュニア放送@J SPORTS »

2006年3月29日 (水)

ジョニーファンだからこそ

本当はもっと先に更新すべきことも多々あるのですが、家族の一大事が(私の気持ち的に)なかなか片付かず、さらには、世間のしきたり上、納得いかないまま感謝の言葉を述べなければならないジレンマに、かなり情緒不安定になっていたので、本来なら華麗にスルーすべきことまでこんなふうに脊髄反射してしまうのかもしれませんが、どうしても我慢できなかったので。

地上波での世界ジュニアの放送、男子シングルも日本選手については、一応全員放送してくれたおかげで、柴田くんの認知度がさらに上がりました。あちこちのブログで話題にのぼる頻度も高くなったようです。それは、とてもよいことなのですが、放送でことさら「ジョニー・ウィアーのファン」という風に強調されていたため、一部には誤解を通り越して、スケーターを貶めているとしか思えない表現の記事を書いているブログを見つけてしまいました。

まあ、ふだんフィギュアスケートを見たこともないような人が好き勝手を書いているようなところなら、別にどーでもよかったんですが、そちらでは、ご自分がジョニーファンであることを堂々と表明されていました。

私は「柴田くんがジョニーファン?」ということについて、実はちょっと首を傾げたいのです。ご本人にもまだお聞きしてはいないものの、「Cutting Edge」でたくさん上がっている好きなスケーターの一人に過ぎない、という印象だし、少なくともやることなすこと全て真似したい、というようなそんなことはありえません。

柴田くんをずっと見てきている方ならご存じですが、衣装がジョニー風に見えるものって、しいて言うなら今シーズンのSPのを指しているくらいにしか思えないし、演技にしても、それほど共通点は感じません。

私は、このブログでも何度か書いていますが、ジョニーくんのファンでもあります。2004年のN杯で初めて目をはぁとにしたほどのニワカではありません。その前の状況を知っていたので、彼にはリスペクトの気持ちを持っています。

だから、今回見かけた記事の書き方は、はっきり言って、ジョニーをも貶めていると思いました。

本当のフィギュアファンであれば、応援している、いないにかかわらず、どのスケーターに対しても尊敬の気持ちがあるはずです。

柴田くんに対して、そしてジョニーくんに対してあんな言い方の出来る人が、ジョニーファンを募っているのが、とても悲しく感じました。

あえて、トラバはしません。柴田くんのファン、そしてジョニーくんのファンにはあの記事は見せたくありません。私も二度と見ないことにします。

|

« Sports@nifty:フィギュアスケート特集 青嶋さんの記事 | トップページ | 世界ジュニア放送@J SPORTS »

ジョニー・ウィアー選手」カテゴリの記事

フィギュアスケート」カテゴリの記事

柴田嶺選手」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Sports@nifty:フィギュアスケート特集 青嶋さんの記事 | トップページ | 世界ジュニア放送@J SPORTS »