« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の記事

2006年5月23日 (火)

桜が咲いているうちに--母恋への感傷旅行(その1)

最近、室蘭・母恋の富士下桜並木が桜の名所として旅行雑誌に取り上げられていることが増えた。

母恋・富士下と聞いて、そういう名前は以前はなかったけれど、私には、それがどこであるのか、すぐにわかった。

我が家は、GWには函館方面へ桜を見に行くのがここ数年の恒例となっている。

今年はGWはまだ開花前でがっかりだったが、例年は、こんな感じ

そのころから、「桜の時期に室蘭に連れて行ってほしい」と頼んでいたが、日程が合わず叶いそうに無い。

それに、室蘭に特別の感情があるのは、私だけだし。

私は車の運転ができないから、ドライバーのご機嫌次第なので、ここはひとつ、高速バスで、一人で出かけることを企てた。

続きを読む "桜が咲いているうちに--母恋への感傷旅行(その1)"

| | コメント (0)

2006年5月17日 (水)

母恋・富士下桜並木の写真アップ中!

マイフォトにただいまアップ中。滞在時間50分の感傷旅行については、また後ほど。

[追記]

写真アップ完了しました。

余談ですが、この記事で、100エントリー目だったんですね。

完了していない連載がいくつかあるので、その穴埋めができるともっと増えますが、いずれにしても記事数100を突破、感慨深いものがあります。

そのうち本にしてみようかなー、などと大それたことがふと頭をよぎる…。

| | コメント (2)

2006年5月13日 (土)

フィギュアスケートDays (vol.0)が届いた!

5月12日発売ということでしたが、直接出版社に注文していたので、11日に届きました。

待ちわびていた包みを開けると、これはこれは!

表紙はちょっとアレレ?だけど、(だって真央ちゃん、かわいいんだけどオフアイスの普段着だしね。演技中の衣装の写真でないのが不思議だなー)中身はGJ(グッジョブ)!ですよー。

写真も綺麗だし、何より、世界ジュニア選手権のレポートがいいですね。

一番最初に読んだのは、もちろん、「日本ジュニア代表スケーター座談会」の男子の方。

小塚くんファン、無良くんファン、そしてもちろん柴田嶺くんファンにはぜひオススメです!

個人インタビューでなく、座談会というのが今までに無い切り口だなーと思いました。

ここの部分の担当ライターさんは、niftyでおなじみの青嶋ひろのさんですね。ありがとうございます。

続きを読む "フィギュアスケートDays (vol.0)が届いた!"

| | コメント (0)

2006年5月 5日 (金)

フィギュアスケートDAYS Vol.0:DAI-X出版

あの「Cutting Edge」を刊行したダイエックス出版から、新しくフィギュアスケート専門誌が発刊される との情報が!

しかも、今回プレ創刊号として発行される号の目次には、「世界ジュニア選手権」の項目に次の一文が!!

2:小塚崇彦・無良崇人・柴田嶺 座談会

これは期待できますーー!!!

発行日が待ち遠しいですね(はぁと)

詳しくは↓のリンクからご覧ください。

フィギュアスケートDAYS Vol.0:DAI-X出版.

iconicon

| | コメント (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »