« ジョニーの公式に日本のファンへの感謝メッセージ! | トップページ | お誕生日おめでとう! »

2006年7月25日 (火)

高校野球・南北海道大会準決勝を生観戦

突然、流れぶった切りですが、高校野球の話題。(cocoにとってはここ三年ほどの風物詩とも言えます。)
南北海道大会の準決勝を見てきたので、率直な感想を。

駒大苫小牧VS北照を見たくて出かけたはずが、第二試合の駒大岩見沢VS札幌光星にすっかり目を奪われました。

どちらの学校にも縁はないし、まったく白紙の状態で観戦していたのですが、回が進むごとに札幌光星・柳原君のピッチングに魅了されてしまいました。
打たれた後も動じずにストライクを投げ込める、ぐだぐだと崩れることなく、後をピシャッと抑える。気持ちの強い選手だと思いました。

P7241003

支部予選はいずれも接戦、4試合計36回を一人で完投、いうことだし、準決勝は6安打3失点でしたが、かなり不運な失点(5回に与えた2点目は、2死満塁から空振り三振に仕留めた打者に投球が当たっているかのように見えたが、審判の判断は捕逸の振り逃げ--nikkansports.comがあったあの状況で、3点で踏みとどまって我慢し続けたからこその終盤の反撃、サヨナラ勝ちだったでしょう。
最後は9回2死から満塁のチャンスをつかんで、相手校投手の暴投で幕となりました。

P7241008_1 P7241009

P7241012

札幌光星、21年ぶり10度目の南北海道大会出場、決勝進出は実に36年ぶりとのことです。
地元では進学校として知られる私立男子校ですが、かつては、野球でも活躍があったとか。
ベンチ入りしているメンバーは札幌、江別、石狩など札幌近郊の中学出身者ばかりの中で、柳原投手だけが興部(紋別市の北に位置する町)出身です。

平日にもかかわらず、ふだんは開けない外野席まで開放するほどの満員となった円山球場。このたくさんの観客の中でプレイするのがうれしい、という話がラジオ実況で紹介されていたので、決勝も面白くなりそうです。
決勝を見に行けないのがとても残念です。

|

« ジョニーの公式に日本のファンへの感謝メッセージ! | トップページ | お誕生日おめでとう! »

北海道」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31023/11101580

この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球・南北海道大会準決勝を生観戦:

« ジョニーの公式に日本のファンへの感謝メッセージ! | トップページ | お誕生日おめでとう! »