« DOI観ショー旅行記(1) | トップページ | DOI観ショー旅行記(3) »

2006年8月13日 (日)

DOI観ショー旅行記(2)

実はcocoは「鉄」入ってるかもしれない!

いや、家族にしっかり「鉄ちゃん」がいるもので、つねづね「すごいもんだなあ」とは思っていたけど、気がついたら自分にも「乗り鉄」の要素が入ってきたかも。

北斗星に乗るのが楽しみだった!

カシオペアには2003年春に乗っていたので、北斗星にも乗ってみたいとは思っていたけど、こういう形でチャンスがあるとはね。

特に好きでもない人なら、16時間列車に乗り続ける、っていうのかなり辛いことなんだろうね。

14日当日は、半日仕事をして、忙しいのに悪いなあと思いつつ、保護者会に行くのに早退して、保護者会後は買い物して、夕食にカレーを用意して、かなりあせって荷物を作って、北斗星に間に合うように札幌へ向かった。

かなり忙しかったけど、これからの「Dream」に向かう旅が楽しみで仕方がなかった。

北斗星に乗り込む。パックどおりのB寝台。チケットを取ったとき、個室は満席ですと言われたが、ここで追加料金を使いたくはなかったので、ちょうどよかった?

あれ?ここのボックスの人中国語で会話してる?この若い人たちは上段の客だった。

私は下段。そのうちに向かい側のお客さんも来て、ボックスが埋まる。

カーテンを閉めていることが多いので暑ーい!備え付けの布団ではとっても暑そうなので、リンクでのひざ掛け用に持ってきたブランケットを使う。こんなところで役に立つなんて。

何より、今回の大荷物の元は防寒具。真夏のアイスショー、スケートリンク。まったく想像がつかないので。

とりあえず、明日に備えて寝ておこう。暑くさえなければ、列車のゆれは心地よい。はず。。。

なんで、こんなに暑いのーーー?(つづく)

|

« DOI観ショー旅行記(1) | トップページ | DOI観ショー旅行記(3) »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31023/11408803

この記事へのトラックバック一覧です: DOI観ショー旅行記(2):

« DOI観ショー旅行記(1) | トップページ | DOI観ショー旅行記(3) »