« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の記事

2006年12月16日 (土)

カップオブロシアの写真(2006 Cup of Russia - Bosco Sport)

ロシアのサイトなので例によって(?)重いですが、写真がいっぱいです。

全カテゴリ、たくさんありますが、男子しか見ていない(爆)

でも、柴田くんもアンドレイも、もちろんブライアンもジョニーもちゃんと全員写真があるのがとても嬉しい!

リンク: Турниры | Events > 2006-2007 > 2006 Cup of Russia - Bosco Sport" href="http://photo.fsonline.ru/index.php?cat=205">Фотоархив сайта "Фигурное катание online" - Home > Турниры | Events > 2006-2007 > 2006 Cup of Russia - Bosco Sport.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

柴田嶺選手のカップオブロシア

の映像ですが、BS朝日ではSPだけが放送されていたのは、すでにここで書いたとおり。

今、YouTubeにはフリーの映像もあがっていますが、今回友人の協力で、現地映像を見ることができました。

初めのコンビネーション、3Lz3Tが詰まって見えていたのも、やはりフェンスの近くで跳んでしまったせいで、ここで-1.40、終わり近くの2Aの着氷が乱れてやはり-1.40減点されていますが、後は単独の3Lzの減点が目立つくらいで、結果、TESとBase Valueの差は2点までなかった、という出来。

3Aトライがなかったことと、SPのときのようにスピンがすべてレベル4、というわけに行かなかったのが残念ですが、プログラムの流れも出てきているように思えて、演技を終えたときのガッツポーズはうなずけました。

そして、やはりビールマンスピンのところは、ロシアの観客も沸いて拍手をしているのです。(このあたり、YouTubeの映像でもよくわかります。)

フリーでのTESは、実は、ジョニー、クリムキン、エマ(SANDHU)よりもよかったんだよね。みんな気がついてないんだろうけど。

PCSはシニア1年生には厳しいのは当然だから仕方がないけど、これもがんばってね。

あとはこの経験をぜひ、次の試合、全日本に生かせますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柴田嶺選手の中国杯オフアイス写真

また一枚見つかりました。

リンク: Figureskating-online - Photos.

このサイトは新しい写真がどんどん増えていくので、この前NHK杯のきれいな写真がいっぱい!と思っていたら、今度はジュニアグランプリファイナルの写真も増えていたので、目指す写真がどんどん下の方に行ってしまい、探すのも大変になってきたので、写真へのリンクも貼っておきますね。

Japanese team: Yukari Nakano, Ryo Shibata, Kensuke Nakaniwa

加藤さんと川越先生も写っています。みなさん、いい笑顔^^

ゆかりん(中野選手)が手に持っているのは縄跳びの縄?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

母親のこと

いろいろな方にご心配をいただいていたので、少しこちらでご報告しておきます。

もともと「拡張型心筋症」という難病を抱えていましたが、腰の炎症で高熱を出したときに脳梗塞を起こし、一時は寝たきりになってしまうのか、と覚悟させられたものの、4か月のリハビリと本人の頑張りで歩けるように回復。

4年前には、介護疲れ?の父親が長期入院する事態になったものの、母本人はふだんデイケアに行っていたところでショートステイ(実際はショートではなくなったけど)させてもらえるほどの様子でした。

それが、昨年秋、胃腸の調子を崩し、普通に食事を食べることができないので家では介護が難しいため入院。しかし、たいした症状でもないから、と一定の期間が過ぎると帰される。しかし、認知症の症状が徐々に進み、なかなか食事も食べてくれない人に一日中付き合うことは、病院通いの父の身では無理。

運良く、暮れ近くによいグループホームに入所させてもらうことができ、しばらく、みんな落ち着いて暮らしていました。

私は、この春から今まで経験のない大きな仕事の担当者に加えられていて、その仕事でもっとも忙しくしていたさなか、「母の具合が悪くなって病院の集中治療室に運ばれた」との連絡が。

続きを読む "母親のこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »