« ニコライ・モロゾフ氏のサイン | トップページ | 札幌時計台 »

2007年7月 1日 (日)

やっぱりチューリップは青春だった

Live Act Tulip 2007 "run"に行って来ました。

久々にテンション高いです(笑)

この前、ポルノグラフィティのOPEN MUSIC CABINETに行った時もそうだったけど、今日も負けずに盛り上がりました。

ライヴ最高!!です。

そして、リアルタイムで聴いていた曲は、どれもほとんど歌詞を覚えていて、一緒に口ずさんで(しまいには大声で歌って)しまったのは意外でした。

タイトルが思い出せなくても、歌詞はちゃんと出てくるんだもの。今なら、好きでカラオケのレパートリーにしているような曲でも、歌詞を見ずに歌える曲なんて無いのに。

チューリップのライヴは、実はこれが生涯二回目。最初は大学生のとき。場所も同じ厚生年金会館。でも、今日よりもずっとずっと後ろの席だった。

あれから○○年。今日の客層はさすがに平均年齢が高そうだったので、始まる前はライヴの盛り上がり、ってどうなのかな?って心配していたけど、杞憂でした。

今日は1階の16列目で見ることができました。

前にゴスペラーズの時、2階席ですごく怖かったのですが、今日は心配なく立ち上がれます!

真駒内アリーナのポルノグラフィティでは始まってからずーっと立ちっぱなしで跳びっぱなし(笑)

ここからはネタバレありなのでご注意!

財津さんのMC

「北海道に来たし、ちょっとドライブにでも行こうか。どこに行く?」ってメンバーに聞いたら「わっかんない(稚内)」って言ってた、「どっちへ行こうか、こっちのほうが、ま、混まないだろう(真駒内)」

「財布を落とした、小銭しかない。札、ぽろっと落とした(札幌)」

絶好調ですね!

MC担当は安部さんと財津さんですが、途中「安部さん、歌ってー!」と男性の声がかかり、財津さんが「キャラに合わないからやらないそうです。」とかやり取りがあって楽しかったです。

スタンディングの曲とか、どれがそうなのか、よくわからないですが、自然に流れがそうなったり、あるいは、一部の人は立ってるけど、大多数の人は座って聴いている曲とか、それぞれがうまく楽しんでいると思いました。

私は、一番好きな曲「銀の指環」がアンコールで演奏されて、大熱狂でした!

もう五十代の年上の方に失礼とは思いつつ、私にとっては永遠に「姫野クン」です。一回だけ叫びました。

「魔法の黄色い靴」の大合唱も嬉しかったです。

やっぱりやっぱり、青春のひとときでした。

いや、今も青春、のはずですが(爆)

|

« ニコライ・モロゾフ氏のサイン | トップページ | 札幌時計台 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31023/15612471

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりチューリップは青春だった:

« ニコライ・モロゾフ氏のサイン | トップページ | 札幌時計台 »